指摘おじさん との付き合い方

まずは素直に受け止め、丁寧に出典を聞く。

表現空間の魅力を削ぐ行為に対抗する

「ネットが社会を分断」は不正解、10万人の調査結果が明かす真相 | 47NEWS

 ネットの議論が分断されているように見えるのは、極端な意見ばかりが目につくネットの特性のためである。たとえば、憲法9条改正についてのネット上の書き込みのうち半分は、年に60回以上も書き込むヘビーライターがしている。ヘビーライターは全体のわずか0・23%しかいないのだが、年60回以上書き込むくらいであるから、政治的に強い意見の持ち主であり、かくしてネット上に見えるのは最強硬派の意見だけとなる。最強硬派ばかりであれば、罵倒と中傷ばかりになるのは至極当然の結果である。

 しかし、これは書き込む人が限られているからであり、ネットの利用者の意見全体が過激化し、分断されているわけではない。大半の人は自分と反対の意見に接し、むしろ穏健化している。ネットを使う若い人ほどこの傾向は顕著であり、時間がたつにつれてこの傾向は次第に広がっていくだろう。ネットによって自分と異なる意見と接し、相互に理解が深まっているとすれば、これはネット草創期の人々が期待していた姿である。ネット草創期の人々の希望はまだ死んでいない。

これを読んで、考えたこと:

デジタルな表現空間は、計算機によるフィルタリングによって、いかようにも答えを返します(情報探索は、結局のところ、未知の自分の探索)。

生の表現空間にアクセスできる限り、大きな声は、小さな声を掻き消せません。

ただし、恐怖(表現規制)等によって、表現空間の魅力が削がれ、これが大きな声の利益につながるおそれがあります。これに対抗する必要があります。

初出:
2019/12/ 8 のツイート

コンピュータ のはじまり

はじまり物語 top

コンピュータの発達が、現在に至るまでの社会の発達の原動力です。

パソコンの歴史 1947~79年

電子計算機 ―機能と構成のあらまし―

コンピュータを創った偉人たち

日本電子計算機株式会社(現、株式会社 JECC) JECC NEWS 2010年7月号~2012年12月号に取り上げられたコンピュータを創った偉人たちの一覧です:

(1) ジョン・フォン・ノイマン(1903~1957年) ENIAC

(2) アラン・チューリング(1912~1954年) ACE

(3) ウィリアム・ショックレー(1910~1989年) トランジスタ

(4) ジョン・モークリー(1907~1980)/ ジョン・プレスパー・エッカート(1919~1995) UNIVAC I

(5) チャールズ・バベッジ(1791~1871年) 階差機関解析機関

(6) クロード・エルウッド・シャノン(1916~2001年) 情報理論

(7) コンラート・ツーゼ(1910~1995年) Zuse Z3

(8) ジョン・ヴィンセント・アタナソフ(1903~1995年) アタナソフ&ベリー・コンピュータ(ABC)

(9) ハワード・エイケン(1900~1973年) Harvard Mark I

(10) ジェイ・ライト・フォレスター(1918~2016年) Whirlwind

(11) グレース・マレー・ホッパー(1906~1992年) COBOL

(12) ブレーズ・パスカル(1623~1662年)/ ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ(1646~1716年) 機械式計算機

(13) ヴァネヴァー・ブッシュ(1890~1974年) Memex

(14) ジョージ・ブール(1815~1864年) ブール代数

(15) エイダ・ラブレス(1815~1852年) 解析機関

関連

機械の発達リンク集「コンピュータ」

機械の発達リンク集「機械式計算機・計算尺」

はじまり物語 top

「ネットの使い方博物館」について

ネットの使い方博物館では、より良い未来を作るために、ネット空間や一般のコミュニケーションを向上させる言葉を集めて、広めます。

これらの言葉を、まずは 個人の〈実感を持った関心〉にし、その後に 社会の〈確固たる関心〉にします。

関連する これまでの取り組み

2010年・2011年に、以下の文章を発表しています:

日本を持ち上げる方法 知的ネット社会の形成!

特にこの行動を! 日本を持ち上げる、知的・社会的行動【2011/12】

「自分で調べる」は「知りたいことしか入らない」になりがち

私は君の言うことに反対だが、君がそれを言う権利は死んでも守る

在野研究者

在野研究ビギナーズ――勝手にはじめる研究生活 (Kindle版)の著者・荒木 優太 さんへのインタビュー:

 「僕は楽しいからそうする」。大学の外で研究する「在野研究者」たち|Torus by ABEJA

読むこと、調べること、話すこと、書くこと、話し合うこと、これらは決して特別な資格が必要な行為ではありません。自由にやればいい。

なのに、人はしばしば「自分は〇〇じゃないから」(〇〇にはたいてい所属とか肩書が入ります)といった自己検閲によって自身の「やりたい」を抑圧します。とてももったいない。

以前、「これからのエリック・ホッファーのために: 在野研究者の生と心得」を出版された方です。

荒木 優太 さんのYouTubeチャンネル