「つくる」行動ができることをノブレスだと考えよう

「つくる」行動のための動機(それが無意識なことも多々あります)や技術は、当たり前に存在するものではありません。

よって、“ものづくり”にしろ、“ことづくり”にしろ、あなたが「つくる」行動をするならば、それは誇りに思ってよいのです。

あなたが「つくる」行動ができるに至るまで育ててくれた社会に感謝すべきです。ノブレス・オブリージュとして、義務の意識を持って、「つくる」行動を社会に還元すべきです。

「「つくる」行動ができることをノブレスだと考えよう」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です