「クロニクル」をつくろう

第3回 「個」の力が報道を強くする|地方メディアの逆襲|松本 創|webちくま(1/3)

〈「クロニクル」をつくろう いまという時が歴史の中でどう刻まれるのか──このことを意識してコンテンツを作ろう。視聴者・ユーザーにとって、いまという時が、後々振り返った時に、「ああ、あの時はこういう時代だったんだな」ということがわかるようなコンテンツを作ろう〉

関連:
クリエイターは、SNSのダークサイドに堕ちないで欲しい。という勝手な希望。 | milieu(ミリュー)

現在の物事を、歴史的な軸で捉えてお話されていくのですが、それは現象を文化として伝えて残していくには欠かせないこと。

社会に記憶されるものは、線・ストーリーである

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です