文章と儀礼が必要

人工物には、文章と儀礼が必要です。

この文章↓を読んで、思い出しました。

製菓業界を変えるオウンドメディアへ。THE BAKE MAGAZINEはテーマ新たに生まれ変わります | THE BAKE MAGAZINE

近藤:BAKEは、上場を目指して経営体制を変えました。だから、BAKEは成長を目指している。成長するために、いろんな人が、いろんなミッションで関わっているんですよね。多様なメンバーが同じベクトルを向ける状態をつくる。それがオウンドメディアならできるんじゃないかと思ったんです。

そう思えたきっかけは、新しく入社するメンバーが過去の記事を読んでくれていたことでした。彼らから、すでに中にいる人にとっては当たり前と化してしまっていたBAKEの「誇り」に気付かされることもあって。「誇り」を伝える記事を出さなきゃなって。

「誇り」ですか。

近藤:僕らは「お菓子を、進化させる」をミッションに仕事をしていて、入社するときは業界に対してインパクトをもたらそうと思っていた。それが、時間の経過とともにその価値を見失いかけていた。

弱者を勝手に代弁するという政治的手法

悪用厳禁、敵を知るために:

「弱者を勝手に代弁する人々」には適切な呼称がある – 法華狼の日記

正確には、勝手に代弁された弱者の呼称。インド出身のガヤトリ・C・スピヴァクが「自らを語ることができない者」を指す言葉として引いた「サバルタン」のことだ。

弱者は代弁されることで「サバルタン」という立場となり、その代弁されること自体によって発言力が封じられる。それと同時に代弁者は限りなく透明な存在となり、代弁を通して主張した内容の責任を回避する。

弱者を勝手に代弁することは、確率の概念の抜けによって生じる過度な恐れ (補足の引用を参照)によるものだけではありません。

  弱者は代弁されることで発言力が封じられる。代弁者は限りなく透明な存在となり、代弁を通して主張した内容の責任を回避する

という効果をもった政治的手法でもあることを知っておくべきです。

補足:
図書館戦争ドラマに、人の脳の性質を整理する

毬江の同級生達の思考には、確率の概念が抜けています。〈毬江が「レインツリーの国」を読んで傷つく〉に違いないと考え、〈毬江が「レインツリーの国」を読んで楽しむ〉確率が考慮されていません。毬江への感情移入によって〈当事者もどき〉になり、〈第三者〉として広い視野から確率の概念を持って、メリット・デメリットを分析することを拒否しています。

結果として、毬江の同級生達は、〈毬江が「レインツリーの国」を読んで傷つく〉ことを過度に恐れるに至りました。

研究をヒントにフィクション作品がつくられる

稲見 昌彦 : スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える (NHK出版新書, 2016 〈底本はNHK出版新書(2016)〉) 位置No. 158/2390.

私のように、エンターテインメントやフィクションにヒントを得て研究が進むこともあれば、逆に研究をヒントにフィクション作品がつくられることもある。

「クリエイティブな風土」からの発想

ABOUT SNAZZ β | 関西クリエイティブの可能性を探るウェブマガジンSNAZZ β(スナッズ ベータ) Twitter: @SNAZZ_BETA

関西がさらにクリエイティブな風土になることを目指します。

「風土」は、サブでないカルチャーの言葉。対して「クリエイティブ」は、どうしてもサブカルチャーの言葉です。「クリエイティブな風土」という言葉には、両者が結合されているという大きな意義があります。

「クリエイティブな風土」とは、静的に性質を捉えると「身近な新しさを持つ社会」であり、動的に性質を捉えると「サブカルチャーをカルチャーにする社会」なのでしょう。

以降は、次のTwitterスレッドのように思考しました:

記憶は虚無に勝利する

ステファヌ・クルトワ, ニコラ・ヴェルト=著, 外川 継男=訳 : 共産主義黒書〈ソ連篇〉 (ちくま学芸文庫, 2016) p.12.

「生は死に敗れるが、しかし記憶はその虚無との戦いにおいて勝利する。」
ツヴェタン・トドロフ〔ブルガリア出身の現代フランスの歴史家、哲学者、評論家〕『記憶の濫用』

政治の調整能力を高める


日本は島国なので、いままでの政治は、解決をしていればよかったのです。異質者は一時的な存在として分離して扱ったり、排除するという手が使えたのです。

これから、国際的な人の行き来がますます増して大陸国と同じ環境になると、異質者を成員として頼りにしないといけなくなります。政治は、いままでよりも調整をしなければならないのです。

 「大陸国」関連:
 辺境では表に現れやすい
 
 ああ、フランス 

 「調整」関連:
 矛盾の受容

政治の調整能力を高める方策の一つは、政治のメインチャンネルの強化(投票率の向上)と 多チャンネル化であろうと考えます。


「シン・エヴァンゲリオン劇場版 AVANT 1(冒頭10分40秒00コマ) 0706版」8:39~

「駄目です! ステージ5へのショートカット、見つかりません!」

伊吹マヤ「駄目って言うな!奥まで探して。」

「無理です! 残り時間じゃ、データの上書き間に合いません!」

伊吹マヤ「無理って言うな!バイパス増やして!」

【出口お姉さん】投票したの? えらいえらい【新浜メチス】

Lianos(@Lianos_dj)さん の次のtweetを発想のもとにして動画を作成しました:

VTuber 新浜メチスが、出口お姉さんをしてみた

選挙で投票した人にどこに投票したか聞く出口調査員ならぬ、
選挙で投票した人をリスペクトする“出口お姉さん”です。

*特定の候補者・政党の利益や不利益になる内容ではありません。

 * * *

投票したの? えらい、えらい。

誰に、どの政党に投票すればいいか、考えたんですね。さぁっすがあ。

みんなのことを考えたんですよね。ありがと。

いろんなことを考えたんですよね。すごい、すごい。

投票に行こうと立ち上がったんですよね。すばらしいね。

投票案内状を手に取ったのかな。じゅうぶん、すごいと思うよ。

服を着替えたのかな。靴を履いたんですね。がんばったね。

扉を開けて、外に出たんですね。えらい、えらい。

乗り物に乗るか、歩いて投票所にいったんですね。さぁっすがあ。

道を通ったり、道を渡ったりしたんですね。危険を冒して、投票所に向かったんですね。ありがと。

投票所の門をくぐり、建物に入ったんですね。蹴躓いたりしなかったですか? すごい、すごい。

職員さんに投票案内状を差し出したのかな。すばらしいね。

職員さんが有権者名簿を確認するのを待ったんですね。じゅうぶん、すごいと思うよ。

職員さんに受け答えしたのですね。がんばったね。

職員さんが差し出した投票用紙を受け取ったのですね。えらい、えらい。

空いている記名ブースに入って、鉛筆をもったんですね。さぁっすがあ。

記名ブースに張ってある紙で、候補者名か政党名を確認したんですね。間違えたら迷惑かかるもんね。ありがと。

候補者名か政党名を、投票用紙に読める字で書いたんですね。すごい、すごい。

いくつも文字を書いたんですね。すばらしいね。

鉛筆を置いたんですね。無意識にでも、次の人のことを考えたんですね。じゅうぶん、すごいと思うよ。

投票箱に投票用紙を入れたんですね。小さな投入口に狙いを定めて入れたんですね。がんばったね。

投票立会人さんにちょっと気遣いしたんですね。えらい、えらい。

あとの人のために、速やかに出口から出てきたんですね。さぁっすがあ。

投票に、自分の時間を使ったんですね。ありがと。

投票したあなたは、覚醒した有権者なのですね。すごい、すごい。

傍観者にならなかったんですね。すばらしいね。

投票率を上げて、政治の場に緊張感を持たせたのですね。じゅうぶん、すごいと思うよ。

民主主義を守ったんですね。がんばったね。

まず自分の判断を示したのですね。えらい、えらい。

みんなの意思決定のレンガが積み上がりましたよ。お疲れ様でした。