ロングテール型超参与社会

多数派と少数派がいる(と考えた方が理解しやすい)社会において、「ロングテール」という考え方は、多数派と少数派の境界を明示しないため、有益です。

日本学術会議: 報告「理学・工学分野における科学・夢ロードマップ2014(夢ロードマップ2014)」(2014/ 9/19)

2040 年頃には誰もがそれぞれの個性や長所を活かしてお互いに繋がりあい、わかりあいながら生き生きと生産的・創造的活動を実施していける「ロングテール型超参与社会」が実現していく。

「ロングテール型超参与社会」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です