Keeper Girls

「Keeper Girls」とは何か。

2015年に活動を開始された、大阪府池田市立 五月山動物園公式PRアイドルグループです。このグループのすごいところは、アイドルが街づくりの重要な役割を担うことを示したことでしょう。

五月山動物園は、野生ではオーストラリアにしか生息していないウォンバットという動物で有名で、ウォンバットは池田市の”ゆるキャラ”のモデルにもなっているのですが、時が経つにつれ、高齢な2頭とオス1頭しかいない状況になっていました。オーストラリアから新たな個体を導入しようにも、高額な輸送費が障壁になっていました。

この状況を打破すべく誕生したのが「Keeper Girls」です。

アイドル活動の収益・会場で集めた募金と、2016年12月を中心に 彼女たちを中心に募った「ウォンバットの受入れと五月山動物園の整備」に使途限定した”ふるさと納税”や寄付金の合計額は、およそ1800万円に達しました。このお金と市の予算で、五月山動物園は、オーストラリア側から要請があった施設改修を実施の上、3頭の若いウォンバットを導入しました。

詳しくは、Keeper Girls – Wikipedia の「略歴」をご覧ください。

なお、公式サイトは KeeperGirls. 公式HP 五月山動物園公式PRアイドルユニット 、ファンサイトは Keeper Girls応援サイト (大阪府ウォンバット市[:池田市]の五月山動物園公式PRアイドルグループ) です。

初出:
Facebook 2019/ 2/ 4

ロングテール型超参与社会

多数派と少数派がいる(と考えた方が理解しやすい)社会において、「ロングテール」という考え方は、多数派と少数派の境界を明示しないため、有益です。

日本学術会議: 報告「理学・工学分野における科学・夢ロードマップ2014(夢ロードマップ2014)」(2014/ 9/19)

2040 年頃には誰もがそれぞれの個性や長所を活かしてお互いに繋がりあい、わかりあいながら生き生きと生産的・創造的活動を実施していける「ロングテール型超参与社会」が実現していく。

愚弱な国民

「およそ愚弱な国民は、たとえ体格がいかに健全だろうが、なんの意味もない見せしめの材料かその観客にしかなれない」―― 魯迅『吶喊』自序

「いだてん」周回遅れその4:弁髪 comics and songs (抜粋)

 「藤野先生」には、人を教えることに対する藤野先生の誠実な態度が静かに、情を込めて綴られる一方で、いくつか見逃せないできごとも記されている。ときは日露戦争の最中(ちょうど四三が熊本で日本の活躍に飛び上がっていた頃だ)、魯迅は学校で日本に勝っている場面を次々と写す幻灯を見せられる。ところが、そこにたまに中国人が混ざっていることがあった。「ロシア人のためにスパイとなり、日本軍に捕まって、銃殺されるところで、周りを囲んで見ているのも一群の中国人、講義室にはもう一人僕がいた」(『藤野先生』 *2 )。この経験から彼は「およそ愚弱な国民は、たとえ体格がいかに健全だろうが、なんの意味もない見せしめの材料かその観客にしかなれない」と知り、自分たちの最初の課題は医学ではなく「精神を変革すること」であると考えたと、『吶喊』自序 *3 で記している。

「愚弱な国民」の対語が、インフォームド・シチズン でしょう。行動するインフォームド・シチズンです。

豊田 巧 : RAIL WARS! 10 ―日本國有鉄道公安隊― (創元社クリア文庫, 2015) p.83.

「そして、こちらから何かのアクションを起こして、犯人の計画を妨害する」

知識の ネットワーク型の整理が、これから発展していく

知識の整理の仕方には、2種類があります。

一つは、ピラミッド型の整理、
もう一つは、ネットワーク型の整理です

前者をツリー型、後者をリゾーム型と呼ぶこともできます。

(なお、個々の知識は、適切な土台の上に、適切な方法で成り立っているものとします。)

これからの時代は、下記の理由で、ネットワーク型の整理が、発展していくと考えられます。

その前に、ネットワーク型の整理の発展による効用を説明します:

ネットワーク型の整理の発展による効用

ピラミッド型の整理では埋もれやすい知識を、ネットワーク型の整理では位置付けることができ、それらに光があたります(すなわち、多数の人々の関心の対象になり得ます)。

また、これが、知の世界の豊穣さを明らかに見せます。

合わせて、それぞれの知識に関心がある人と人が繋がることによって、多様な人々からなる社会の連携度合いが高まります。

それでは、ネットワーク型の整理が これから発展していく理由です:

ネットワーク型の整理が発展する理由1: 技術的な理由。ワールド・ワイド・ウェブ(WWW)の存在

WWW は、Googleクローム、Internet Explorer や Safari などのブラウザのなかで閲覧できる、いわゆる「インターネット」のことです。正確には、インターネット上で提供されているハイパーテキストシステムです。

1991年に公開され、現在は当たり前のものにまで発展・普及しました。

WWW のリンク機能によって ネットワーク型の整理を万人が表現でき、またインターネット上にあることで その整理を万人が閲覧できるようになりました。

ネットワーク型の整理を社会で共有することが可能になったのです。

ネットワーク型の整理が発展する理由2: 経済的な理由。「限界費用ゼロ社会」の到来

限界費用ゼロ社会とは、限界費用がゼロの社会のことを指しますが、限界費用とは生産量を小さく一単位だけ増加させたとき、総費用がどれだけ増加するかを考えたときの、その増加分です。

全くのゼロになることは考えにくいですが、限界費用が低くなってきているのは感じられます。消費者から見れば、定額制サービスは限界費用ゼロです。

ピラミッド型の整理の利点のひとつは、一定程度の網羅性を保証していることにあります。したがって、状況に対して見落としが少なく、リスクを一定以下にまで低減できます。よって、低減リスクぶんのコストを、整理の元になる知識の獲得に充てることができます。

対して、ネットワーク型の整理では、網羅性の保証はありません。よって、リスクが一定以下にまで低減される保証はなく、整理の元になる知識の獲得に充てられるコストが限られます。しかし、知識獲得の限界費用が低減されていれば、そのコスト負担は許容できます。

ネットワーク型の整理を発展させる経済的状況が生じているのです。

補足1:
上記は、ピラミッド型の整理を優、ネットワーク型の整理を劣だと読めるかもしれませんが、そのような意図はありません。

ピラミッド型の整理の集積と、ネットワーク型の整理の集積の比較は、困難です。しかし、ネットワーク型の整理の発展は、ロングテールの考え方を再認識させるものになると思います。

補足2:
知識獲得の限界費用の低減を妨げる可能性として、個々の知識の提供者が、知識提供にリスクがある場合があります。

例えば、複数の主張がある中で、それぞれを主張する団体や個人が、自分の主張に反する知識の提供中止を、知識の提供者に迫る状況です。

これが実施されてしまうと、知識の提供者にとって知識提供にリスクが生じて、知識獲得の限界費用が上がり、ネットワーク型の整理が妨げられます。

そのようなことが起きないために、「理性と自由を軸にしよう。理性に従い、自らを拘束せず、そして他者の自由を認めよう」という心持ち・行動様式が、正しいものとして社会に根付いている必要があります。

社会に友好的な あらゆる活動に必要な意識

奥本 素子 : 科学技術コミュニケーター養成教育がもたらす科学技術コミュニケーション意識の変容. 科学技術コミュニケーション, 24 (2019) pp.17-30. 本文

この論文に書かれていることは、科学のみならず、社会に友好的な あらゆる活動に必要な意識であると考えます。

表1 SC [:科学技術コミュニケーション] 活動への意識の項目

PUS [:公衆の科学理解]

 市民に正しい科学技術知識を伝えるために重要である.

PAS [:公衆の科学意識]

 科学や技術の魅力を伝え,科学技術に興味や関心を持ってもらうために重要である.

PES [:公衆の科学関与]

 社会で科学をどう活用するのかといった政策にかかわることを市民とともに考えていくために重要である.

PPS [:公衆の科学参加]

 科学活動において,市民の参加を増やすために重要である.(例:市民と共に研究計画を立てる,市民にも論文のレビューをしてもらう,など.)

異文化コミュニケーション

 科学者と市民がお互いについて知り合うために重要である.

科学の市民理解

 科学者や科学技術コミュニケーターが市民を理解するために重要である.

アカウンタビリティ

 科学的成果を公表することで,納税者への説明責任を果たすために重要である.

時代を追うにつれ,SC 活動は科学を発信する活動から,社会のステークホルダーと共に科学について社会や生活を「つくる」,「いかす」取り組みや,それを発展させたステークホルダーとの共創が重視されるようになった.第5期科学技術基本計画(平成 28~平成 32 年度)においては,科学技術コミュニケーター自身が研究のアウトリーチを担うだけでなく,多様なステークホルダーが双方向に対話,協働できるような場をつくることへの期待が記され(内閣府 2016),多様な人々と双方向にコミュニケーションを行う対話能力と,多様な人々を SC に参加してもらい様々な観点から政策決定や知識創造へつなげていく参加の場を設ける能力が求められている.これまでSC の活動の一翼を担っていた発信型の SC と区別するため,本稿では多様なステークホルダーとの対話,彼らの参加から実現する SC を対話・参加型の SC と呼称する.

発信側は今でも一方向的な発信が必要であると考えているとされている(Miller 2010; Baseley et al. 2013).その背景には,発信側が持つ市民に対する不信(Davies 2008)や曖昧な市民像(Helveticum et al. 2003),反対意見に対する不安(Younget al. 2007)といった意識があるとされており,

 SC において対話・参加型コミュニケーションの重要性が認知されたのは,イギリスで狂牛病や遺伝子組み換え問題による国民との対立により,科学技術に対する国民の「信頼の危機が報告されたことを契機とする(UK House of Lords 2000).それまでイギリスでは,Public Anderstand of Science(以下,PUS)という「公衆の科学理解」を目的に SC が実施されてきたが,この報告以降,対話・参加型 SC に移行することとなり(Parliamentary Office of Science and Technology 2001),その流れを受け欧州では SC の対話・参加路線への転換がはかられた(Einsiedel 2008).[“Public Anderstand of Science”は、“Public Understand of Science”の誤植だと考えられる]

 知識を伝達することが中心の SC から,対話・参加路線へと切り替わったことにより,SC の視座はより拡大することになった.SC が不信感といった感情的な要因で専門家と市民との間に溝が生まれることが明らかになると(Wynne 1992),「公衆の科学意識」,Public Awareness of Science(以下,PAS)と呼ばれる,より感情に寄り添い,不安や無関心を改善するようなコミュニケーションの必要性が唱えられた(van der Sanden et al. 2008).また,参加型で対話的にコミュニケーションを行うため,積極的に市民をコミュニケーションに参加させる,「公衆の科学関与」,Public engagement with Science(以下,PES)への注目が集まった(McCallie et al. 2009).加えて,市民を直接科学活動に参加させる「公衆の科学参加」,Public participation in Science(以下,PPS)も検討されるようになった(Bonney 2009).Van Der Auweraert(2005)は,リスクコミュニケーションのモデルを下敷きに SC の段階を双方向性の度合いを基準として,PUS,PAS,PES,PPS と振り分けていった.Trench(2006)や Bucchi(2008)によると,PUS から PAS,そして参加型の PES,PPSの順で対話の段階が深くなっていくとされている.

 対話型モデルが精緻化される一方,SC 自体が科学の文化,市民の文化を理解する異文化コミュニケーションであるという見方も出てきた(Wynee 2006;加藤 2009).また,前述したように,科学者が市民を理解することが欠如モデル的コミュニケーションからの脱却の一つの大きな要因だと考えられており,科学者側が市民に対し理解を発展する必要が指摘されており(Yearley 2000; Young 2007),科学の市民理解(Scientific Understanding of Public)という観点も SC においては重要な観点だと指摘されている(Royal Society 1985).

ツッコミは簡単。ボケが難しい

2019年1月2日のEテレ「平成ネット史(仮)」(前編。後編は翌1月3日放送)での、堀江 貴文 さんの発言:

アホを笑かす賢は真の賢」ということでしょう。

デレク・シヴァーズ氏の講演「社会運動はどうやって起こすか」における”フォロワー”(1人で飛び出したときに追随する2人目)も重要ですが、一番に重要なのは、1人目です。

預言は実行される

「serial experiments lain」第5話

5:58~

出来事は、預言があって初めて現実化するの。


9:29~

預言は実行されるんだ、玲音。

歴史というのはリニアに流れている時間軸上にて、ただ点として通過されるものではないんだ。

それらは全て、線で繋がっている。
いや、繋げさせられている、といったほうがいいかもしれない。

そして、預言が、預言なのか予言なのかは、区別が付きません。

燃料電池列車「Coradia iLint」、ドイツで営業運行開始

燃料電池列車「Coradia iLint」が、ドイツのニーダーザクセン州にて、2018年 9月17日から、燃料電池列車として世界で初めて営業運行を開始しました:

World premiere: Alstom’s hydrogen trains enter passenger service in Lower Saxony | Alstom (2018/ 9/16)

水素エネルギーに関する情報収集には、2000年のニュースから検索できる「水素チャンネル」をお使いください:

 水素チャンネル ~水素エネルギー・燃料電池に関する情報を収集・配信~

集客とストーリー形成は、文化のために大事