ノーフリーランチ定理は、思想の多様性の重要性を理論的に裏づける

ノーフリーランチ定理 – Wikipedia (2015年4月27日 (月) 15:06 の版)

この定理は「あらゆる問題で性能の良い汎用最適化戦略は理論上不可能であり、ある戦略が他の戦略より性能がよいのは、現に解こうとしている特定の問題に対して特殊化(専門化)されている場合のみである」ということを立証している(Ho and Pepyne、2002年)。

知的ネット社会の設計 #規範

… ノーフリーランチ定理とは、どのような問題に対してもうまくいく、万能な方法はない、という意味である。

ノーフリーランチ定理は、知的ネット社会においてもっとも重要な《思想の多様性》を理論的に裏づける。加えて以下の2つの理由により、ノーフリーランチ定理を [知的ネット社会における] 最重要な規範の一つに位置づける。一に、我が国において大東亜戦争(:太平洋戦争)直前及び戦中に生じた全体主義による損失を教訓にする。二に、知的ネット社会に、陳腐化・硬直化を防ぎ、自らを発展させる自己革新能力をもたせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です