西部 邁「昔、言葉は思想であった 語源からみた現代」

     

評価・状態: 積ん読・読書中

Kindle 版


単行本


購入: 2016/ 5/18 (Kindle 版)

関連:
言葉の思想をなくさない
http://takagi1.net/eye/archives/442

読んだ4! - twitterで読書記録 ブクログ - web本棚サービス


この情報は2017年3月現在の情報です。現在の状態はこちら

この本からの引用、または非常に関連する記事

全 1 件

言葉の思想をなくさない

記事ページ




森 有正 : 生きることと考えること (講談社現代新書, 1970) p.23.
一つの障害を乗り越えると、それに名をつける。

森 有正 : 生きることと考えること (講談社現代新書, 1970) p.88.
 第二には、ヒューマニズムというのは一つの「ことば」ですから、ことばとしてそれを使うには、やはり自分の中にヒューマニズムということばであらわされる実体がなくてはならない、ということです。実体なしにそれをかってに使って、ヒューマニズムをつくろうといっても、それはことばだけに終わってしまう。(中略) ...平和とか、自由とか、人間とかのばあいも同じことですが、ヒューマニズムに至るためには、ヒューマニズムから出発してもだめなのです。



 

↓下に表示している「関連書籍・記事」だけを新しいページに表示する:

|


© TAKAGI-1