R.P.ファインマン「ご冗談でしょう、ファインマンさん」

     

評価・状態: 得られるものがあった本★★☆

R. P. ファインマン著 大貫昌子訳: ご冗談でしょう、ファインマンさん (岩波現代文庫, 2000)

上巻
下巻

松岡正剛の千夜千冊『ご冗談でしょう、ファインマンさん』

関連項目へのリンクはこちら
関連:
多数決は正しいのか
http://mkynet.hp.infoseek.co.jp/webcic/lib/inw2/za_0412110.html#2

トルコ
http://mkynet.hp.infoseek.co.jp/webcic/lib/inw2/za_0404110.html#6

各国間の貧富の差の本当の理由
http://mkynet.hp.infoseek.co.jp/webcic/lib/inw2/za_0404180.html#5

読んだ4! - twitterで読書記録 ブクログ - web本棚サービス


この情報は2018年12月現在の情報です。現在の状態はこちら

この本からの引用、または非常に関連する記事

全 4 件

多数決は正しいのか

記事ページ 発行: 2004年12月11日

R. P. ファインマン著 大貫昌子訳: ご冗談でしょう、ファインマンさん 下
(岩波現代文庫, 2000) p.206

>昔中国では、国民が皇帝の顔を見ることはいっさい禁じられていた。ところが
>その皇帝の鼻の長さがどれだけあるかということが問題になった。そしてこの答を
>出すため、役人が国中を駆けずりまわっていろいろな人から皇帝の鼻の長さが
>どれだけあると思うかを聞いて歩き、これを平均して答を出した、という話である。
>あれだけ大人数から聞いた長さを平均したのだから、さぞかし「正確な」答が出た
>だろうと思うと、それはとんでもない話だ。どんなに広範囲の人間の意見であろう
>が、正確にそのものを見ていない人の意見などいくら平均してみたところで、正確な
>知識を得るには何の役にも立ちはしないのだ。


関連:
松岡正剛の千夜千冊『ご冗談でしょう、ファインマンさん』
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0284.html

 

トルコ

記事ページ 発行: 2004年04月11日

私はトルコを、台湾と並んでもっとも信頼できる国だと考えていることを
まず述べておく。この文とて、主旨は、トルコ人の国民性に関するものでは
なく、ただ地理的な不運だというものである。沖縄に軍基地が多くあるのと
同様に。

 関連: 日本・トルコ友好秘話
 http://mkynet.hp.infoseek.co.jp/webcic/lib/inw/inw_0302100.html#dtrif002
−移転→ http://takagi1.net/webcic/lib/inw/inw_0302100.html#dtrif002

なぜ、ソープランドが昔、トルコと呼ばれていたのか、ずっと疑問だったの
だが、一つの仮説が得られた。

R. P. ファインマン著 大貫昌子訳: ご冗談でしょう、ファインマンさん
(岩波現代文庫, 2000) p.161 に次の表現がある。

 >トルコ・パーラー(あいまい宿)

ここから風俗の意味が出てきているのではないかと。

トルコはヨーロッパとアジアの交わるところにある。故に「あいまい」だと
されたのではないか。

 

各国間の貧富の差の本当の理由

記事ページ 発行: 2004年04月18日

以下の引用は、私の考え方の"土"となりうるものだ。

>諸国間の差のほんとうの理由、すなわち作物を育てる新しい技術の発展、
>そして食品その他を開発するに必要な機械類の発達ということ、しかも
>そうした機械類は資本の集中を必要とすること


R. P. ファインマン著 大貫昌子訳: ご冗談でしょう、ファインマンさん
(岩波現代文庫, 2000) p.181

 

朝永振一郎は何でノーベル賞をとったか

記事ページ 発行: 2006年12月21日

朝永振一郎 - Wikipedia

>1947年にはくりこみの手法を用いて、水素原子のエネルギー準位に見られるいわゆるラムシフトの理論的計算を行い、実測値と一致する結果を得た。この業績により、1965年にジュリアン・シュウィンガー、リチャード・ファインマンと共同でノーベル物理学賞を受賞。

Sin-Itiro Tomonaga - Nobel Lecture

関連:
Nobel e-Museum
http://mkynet.hp.infoseek.co.jp/webcic/lib/inw/inw_0212210.html#dtrif001

R.P.ファインマン「ご冗談でしょう、ファインマンさん」http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-138.html

R.P.ファインマン「困ります、ファインマンさん」
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-108.html

ラルフ レイトン「ファインマンさん最後の冒険」
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-144.html

 

↓下に表示している「関連書籍・記事」だけを新しいページに表示する:

|


© TAKAGI-1