無窮ナレッジ

▼明日は、衆議院議員総選挙・国民審査の投票日です

明日 2012年12月16日は、第46回衆議院議員総選挙、最高裁判所裁判官国民審査の
投票日です。
 
以下は、投票に関する現在の私の認識です:
『政治の日常化』 * という観点を思考の出発点におけば、
 
投票とは、選挙時点における決断であると共に、その後の政治への関心・政治との
関わりを障壁なく導入させるコミットメント(他者への表明行為)である。即ち、
有権者はこのコミットメントを心の足場にして政治に目を光らせる。
 
議員はその目を緊張感の元にして、有権者の代弁者・代行者として政治を実施する。
目の数を端的に議員に知らしめるのが投票率である。
 
つまり、有権者側の視点を一言で言えば「投票がきっかけ」。投票によって、
有権者は、"きっかけ"の獲得を経た、覚醒した有権者になるのである。
 
* 関連: 津田大介氏「ウェブで政治を動かす!」(朝日新書, 2012)
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-3341.html 
のテーマ「情報技術を利用して政治を日常化し、政策ベースの政治を実現する」。
 
関連:
Google 選ぼう 2012
http://www.google.co.jp/landing/senkyo2012/ 
 
衆院選2003、第43回衆議院議員総選挙
http://takagi1.net/g-sys/inw2/1_wn-c_0311050.html 
 
  2003衆院選、終わってから
  http://takagi1.net/g-sys/inw2/3_inw_0311160.html 
 
第20回参議院議員通常選挙 2004/ 7/11
http://takagi1.net/g-sys/inw2/5_za_0407253.html 
 
2005年 9月11日は衆議院選挙の投票日です
http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-43.html 
 
  2005年衆院選
  http://takagi1.net/ezhtml/ezh/elec_0509110.html 
 
2007年 第21回参議院議員通常選挙
 
  政府の結果に対し責任を取る義務
  http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-1404.html 
 
(2009年 衆院選、2010年 参院選に関しては、記事がありません)