月別アーカイブ: 10月 2016

統制派

陸軍統制派が目指したのは国家による統制(官僚でいう、企画院を中心とした革新官僚の考え方)でした。社会主義的、ソビエト連邦、ナチスドイツ(第三帝国)的といえるでしょう。 初出: Facebook 2016/ 7/17

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

講義「ミナミの帝王」

二昔前ぐらいだろうか、休日の読売テレビの昼・夕方といえば、「難波金融伝・ミナミの帝王」であった。 1作が、およそ1時間半。ほぼ毎週である。これは、大学の講義に相当する。 関西人は、「ミナミの帝王」という講義を受講し、消費 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「山崎の戦い」を勉強する

羽柴秀吉が明智光秀を討った「山崎の戦い」(1582)は、秀吉が圧勝したイメージがある。 しかし、兵の数は、秀吉方は2万6千、明智方は1万6千で、秀吉方は明智方の1.6倍なのに、損害は秀吉方 3300人に対し明智方 300 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「淀みに浮かぶうたかた」と災害

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし」。 鴨 長明 の「方丈記」は、「枕草子」「徒然草」と並び日本三大随筆にあげられる。 その「方丈 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

「ハチイチ世代」が、日経1面に

(新産業創世記)ニッポンを生きる(1)ハチイチ世代 主役の時 「成長+α」に価値 :日本経済新聞 記事中で日本で紹介されていたのは、マザーハウスの山口絵理子社長(35歳)、freeeの佐々木大輔社長(36歳)、オーマイグ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

タイ王国 国王の崩御の報に際し

タイ王国 国王の崩御の報に際し、国王と国民の関係と、頻発する政変・クーデタを知るに、畏れ多くも 考えたことは: タイ国王は、〈タイたること〉とタイ国民をつなぐ媒体であるのではないか、ということである。〈タイたること〉が国 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「土人」発言問題について

(1) 大阪府警機動隊員の「土人」発言の擁護論に対し、擁護論が表に出てくることが問題だという意見は、それこそが問題である。 (2) 沖縄の基地問題を解決する1つのピースは、「土人発言の事実」より、むしろ「何が機動隊員に土 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「直江状」朗読

特集 ムービー 直江兼続 役・村上新悟さんによる「直江状朗読(※一部抜粋)」(5分38秒)|NHK大河ドラマ『真田丸』 日本史の、世界史にない魅力の一つは、史料を読めることだと思うのだけれど、音読に触れるのは珍しい。 さ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

震災は大きな「話題」であり、情報の濁流で、消えない

「君の名は」(2016)が大ヒットだということで、ネタばれ情報を探して考えたこと: 映画に描かれた世界は虚構である。虚構を近似的に実現するには、個人の能力(と、支援情報システム。ただ、システムの出力を解釈するのは個人であ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする