月別アーカイブ: 6月 2014

叡智結拓のために

叡智を結び、集約し、難所を突破するために、 一瞥判断(即時の判断)、中期の手引き作成、長期の思考、 これらを能率的、かつ一体的に運営する。 そのために、以下を行う: ・知的土木物の造立: 長期使用可能な知的仕組みを作成す … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

「複雑性と付き合っていこう」を公開しました

「複雑性と付き合っていこう」を公開しました。 本文章は、複雑性という指標の「(3) 大規模・圧倒的な複雑性の構築」から始まった思索をまとめたものです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

解釈: 複雑性という指標――今日の闘争における鍵

セブロウスキーが掲げ、大熊 康之氏が記した『米軍の「兵力の構築及び運用」のあり方に関する新しい評価尺度』を、自分なりに解釈した: (1) 選択肢の創造と維持 《選択肢》、すなわち《その企図をくじくにあたり、〈全てを満足さ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

第1条

私が自ら企画した事業、及び私が付託されている事業の一切を経営し、能率的な運営により、これを発展せしめ、もつて我が意図する方向に世界を遷移させることを目的として、ここに私を再定義する。 参考: 日本国有鉄道法(廃) 第1条 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

複雑性という指標

大熊 康之 : 戦略・ドクトリン統合防衛革命―マハンからセブロウスキーまで米軍事革命思想家のアプローチに学ぶ (かや書房, 2011) pp.343-344.  セブロウスキー[:Arthur K. Cebrowski … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

矛盾の受容

矛盾は真実である。矛盾の受容は、止揚(アウフヘーベン)によるが、簡易な止揚として、動的・闘争・平行線がある。 矛盾は真実である: 「一瞥判断」と「情報は早く、行動は遅く」を知った今の自分が、両者を知らなかった過去に比べて … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする