藤原道長の望月から千年

この世をば…道長が詠んだ満月、1千年後の今宵も夜空に:朝日新聞デジタル (2018/11/23)

平安の貴族・藤原実資(さねすけ)の日記「小右記(しょうゆうき)」や道長自身の日記によると、道長はこの歌を寛仁2(1018)年10月16日に詠んだ。兵庫県の明石市立天文科学館の井上毅(たけし)館長が調べると、この日は確かに満月だったという。今年の旧暦10月16日は11月23日だ。

藤原道長の望月から千年、
寒空に 月を見上げて詠む:

この世をば
千里千歳の
月なると

理 さやか
高き夜空に

月を見上げる人が、時と場所を経ていることから、この世の一体感・連続性を感じる。そして、それが満ち欠けの理(ことわり)に等しく支配されていることを思う。これらのことを、邪魔のない夜に、彩かで高い月が示している。

なお、3つの歌の本歌取です。道長の『望月の歌』、白居易の「八月十五日夜、禁中獨直、對月憶元九」、和泉式部の「暗きより暗き闇路に生まれきて さやかに照らせ山の端の月」。

千年後の日本人として、やることはやった感。

初出:
Facebook 2018/11/24

WEATHEROID TypeA Airi、花粉症機能と漏れるオイル


7:47~

ウェザーロイド Airi | ウェザーニュース

ウェザーロイド Airi(@TypeA_Airi)さん | Twitter
山岸愛梨(ポン子マネ)(@airin0609)さん | Twitter

WEATHEROID TypeA Airiとは (ウェザーロイドタイプエーアイリとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

MONA (モナ)

MONA 一般の人が表紙になれるリアルシンデレラストーリー

ファッション誌に「MONA (モナ)」と名付けるとは、「2ちゃんねる」(現「5ちゃんねる」)文化は忘れ去られたのかなぁ。

それとも「一般の人が表紙になれるリアルシンデレラストーリー」というコンセプトに、「オマエモナー(お前もな)」を掛けているのかな。

モナー – Wikipedia

    ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< オマエモナー
  (    ) \_____
   | | |
  (__)_)

初出:
Facebook 2018/11/10

水道と下水道

Fake video


村上 龍 : 愛と幻想のファシズム 下 (講談社文庫, 1990) p.479.

洞木はブリーフケースからビデオテープを取り出し、部屋に設置されていたデッキにセットした。スイッチを入れると、阿孔経済大臣が映った。やあこれはわたしの自宅だ、いつ撮ったものですか? そう言って笑いながら阿孔は見ていたが、突然顔色を変えた。モニターに映る自分が、舌をペロリと出して、「ファック・ユー」と喋ったからだ。
「これは、わたしではない」
 阿孔の唇は震えていた。写真と音声テープからコンピューター合成したものです、洞木はそう説明した。

駒袋の物語

香川 愛生 : 職業、女流棋士 (マイナビ新書, 2018) p.59.

駒は初めから盤上には置かず、まずは記録係が磨かなくていけません。奨励会員にとって、棋士が公式戦で使う駒に触れられる唯一の機会です。記録用紙のうえに広げ、いつか棋士になってこの駒で自分も対局するんだという思いを込めて、真摯に1枚1枚磨きます。駒を全部磨き終えたら、巾着型の駒袋にしまい、きゅっと結んで箱へ。盤の真ん中に置いたら、準備は完了です。

菅本 裕子さん (ゆうこす)

女子高生も、芸能人も、起業家も、みんなが彼女の噂をする。菅本裕子 23歳 | milieu(ミリュー)

菅本裕子さん(ゆうこす)×塩谷舞さん(しおたん)|絶大な発信力を持つ!人生を大きく変えた「SNS」との出会い | アマノ食堂

菅本裕子 – Wikipedia

Twitter

Instagram

公式ブログ

菅本裕子チャンネル – LINE LIVE

YouTube

オウム事件の教訓

オウム事件の教訓は、秩序は、常に揺らいでいるということだ(オウムの幹部には社会的強者が含まれ、オウムとマスコミは結びついていた)。低地で常に水を汲み出さないと、地面が消えてしまうように。

「あの人には違う面もあった」というのは恒真命題だ。占い師の常套句として、商業ベースに載せられるほどの確からしさを持つ。

今ある社会とは、折り合いのつく面を紡いだものである。それぞれの面は、一側面あるいは一切り口にしか過ぎない。

初出:
Facebook 2018/ 7/ 7

「平成とはどんな時代か」調査を読む

平成とは? 「動揺した時代」最多42% 朝日世論調査:朝日新聞デジタル 2018/ 4/30

この調査は、「平成とはどんな時代か」を以下の8つの選択肢から2つまで選んでもらう調査であった。

 ・進歩的な時代
 ・保守的な時代
 ・活気のある時代
 ・沈滞した時代
 ・安定した時代
 ・動揺した時代
 ・明るい時代
 ・暗い時代

結果には以下の傾向が見られる:

 2009年調査に比べ、2018年調査において

 増えた回答:
 ・進歩的な時代、保守的な時代

 減った回答:
 ・活気のある時代、沈滞した時代
 ・明るい時代、暗い時代

 横ばいな回答:
 ・安定した時代、動揺した時代

増えた回答は、結果に対する表現であり、減った回答は現在進行の状況に対する表現である。

平成がまだ続く2009年調査に比べて、平成があと1年に迫った2018年調査において、平成を総括する 結果に対する表現が増えたことは合理的である(時間は連続するが、時代には節目があるのである)。

また、過程ではなく、結果を重視する風潮の影響もあるのだろう。