中国の海洋との接続と海洋・臨海地域の分断、広域交通の管制

中国の海洋との接続と海洋・臨海地域の分断、広域交通の管制

China Project Locations

上記を見て思索したこと:

中国は、自国と海洋をつなぎ、海洋・臨海地域を分断しようとしているのではないか。つまり、広域交通が自国を通り、自国がそれを管制するようにしようとしているのではないか。

それは、米国による「海洋の管制」に似て、また「海洋の管制」を相対的に弱体化させる。

中国の対外援助分布からは、2つのラインが見て取れる。

1つ目のラインは、中国 からラオス・カンボジアを経てインドネシア。これは、自国と、太平洋 (の第1・2列島線の間やその先)とインド洋各々を接続させ、かつ両者間を分断する。

2つ目のラインは、中国 からパキスタン及びイラン 。これは、自国と、カスピ海 (水運でアゾフ海 – 黒海 – #地中海 ・ バルト海につながる)とアラビア海 (その先には、アフリカ大陸 )各々を接続させ、かつ中東とインドを分断する。

初出:
一連のTwitter 2019/ 4/11

「中国の海洋との接続と海洋・臨海地域の分断、広域交通の管制」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です