SAO キリトくんの連続攻撃

SAO キリトくんの連続攻撃

刀に斬撃に耐える強度に見合う質量がある世界で、「ソードアート・オンライン 」の キリトくん の連続攻撃をするためには、刀を回転運動させた上で、位置移動の主導権を得ないといけない(即ち、間合いを握る)。

刀が相手を斬れない状況で、相手に間合いを詰められたら斬られてしまう。

それを避ける上で、二刀流は有効であったし、アスナとの連携は有効であった。また、アスナが刺突を得意としたことは(そもそもレイピアは、刺突用である)、スペースの有効活用の上で有効であった。

なお、常に位置移動の主導権を得るために、空中で機動できないならば、足は空中にあってはならない。

宮本 武蔵=著 渡辺一郎=校注 : 五輪書 (岩波文庫, 1985) p.128.

(風之巻)

又飛足(とびあし)をこのまざる事、飛あしはとぶをこりあげて、とびていつく心あり。

 註:

飛び上がると、それにとらわれ、次の動作の自由を失うことがある。

初出:
Facebook 2018/12/ 6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です