Fake video

Fake video


村上 龍 : 愛と幻想のファシズム 下 (講談社文庫, 1990) p.479.

洞木はブリーフケースからビデオテープを取り出し、部屋に設置されていたデッキにセットした。スイッチを入れると、阿孔経済大臣が映った。やあこれはわたしの自宅だ、いつ撮ったものですか? そう言って笑いながら阿孔は見ていたが、突然顔色を変えた。モニターに映る自分が、舌をペロリと出して、「ファック・ユー」と喋ったからだ。
「これは、わたしではない」
 阿孔の唇は震えていた。写真と音声テープからコンピューター合成したものです、洞木はそう説明した。

「Fake video」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です