世論調査が世論誘導の手段になる

世論調査が世論誘導の手段になる2017年10月25日の、読売テレビの「す・またん!」の、辛坊 治郎 氏によるニュース解説(午前 6時代)において、辛坊 氏は、以下の旨を述べました:

  聞き方によって結果が変わる世論調査が世論誘導の手段になっている。これが鮮明になってくると、メディアの信頼を損ねる

下記の朝日新聞の世論調査及びその結果に関する記事を受けたものです。「3分の2を超える議席を得たこと」について聞かれて、「多すぎる」という回答の割合が多くなることは当然です。

与党で3分の2「多すぎる」51% 朝日新聞世論調査 – 2017衆議院選挙(衆院選):朝日新聞デジタル 2017/10/24

衆院選の結果を受け、朝日新聞社は23、24日、全国世論調査(電話)を実施した。自民党と公明党合わせて定数の3分の2を超える議席を得たことについて尋ねると、「多すぎる」が51%で、「ちょうどよい」32%を上回った。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

世論調査が世論誘導の手段になる への1件のフィードバック

  1. takagi1 のコメント:

    関連:
    法を何よりも貶めること
    http://takagi1.net/eye/archives/567

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です