月別アーカイブ: 12月 2014

携帯機器への充電という日々の課題――変化する、人間とエネルギーの関係・個人と社会インフラの関係

出張で同じだった T氏は、宿がカプセルホテルでもいいが、カプセル内に電源コンセントがないのは論外なのだそうだ。人は、寝床に携帯機器の充電機能を強く求めるようになった。 人は(人が人であるためには)、外部エネルギー源を必要 … 続きを読む

カテゴリー: エネルギー | コメントする

人類は、どの用途で外部エネルギー源に依存しているか

外部エネルギーの用途は、 第一には、食品調理である。 第二には、暖房である。 第三には、武器である。 第四には、明かりである。 第五には、移動である。 第六には、生産である。 第七には、情報である。 第八には、食品保管 … 続きを読む

カテゴリー: エネルギー | コメントする

見事

清水建設の CM の「きっと、見事にできるよね」から、以下を想起した: 見事=良い は、哲学である。 真と美の融合 今井 彰 : プロジェクトX リーダーたちの言葉 (文藝春秋, 2001) p.144. 「図面を描いて … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

人類はその誕生の瞬間からして、その存在を外部エネルギー源に依存している

石井 彰 : エネルギー論争の盲点―天然ガスと分散化が日本を救う (NHK出版, 2011) pp.38-40, 54. 「人類はその誕生の瞬間からして、その存在を外部エネルギー源に依存している」と述べたが、この点につい … 続きを読む

カテゴリー: エネルギー | コメントする

朝や昼間のミネルヴァの梟

ある事柄が、それが実現する寸前まで極めて低評価であったが、実現後に高評価になることがある。 開業前、新幹線は世界三大無用の長物だと言われた。 ライト兄弟以前に、ウィリアム・トムソン(ジュール=トムソン効果等の功績。初代ケ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

科学用語における言葉選び

人間・人類による宇宙の見方は、言語によって共有される。この共有によって累積性を発揮する仕組みが、「科学」という仕組みである。 言葉は、宇宙の〈姿〉即ち〈ある見方による写像〉に合わせ、定義され分割されるべきである。それが達 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント