月別アーカイブ: 11月 2014

「必要は発明の母」の機序

「必要は発明の母」と言われますが、「ヒトの意識には、正のバルク・エントロピー指向性がある」を書きながら見直すと、次の機序(メカニズム)が、導かれました: 不可能・不快・無駄 ↓ 認識 ↓ ├─必要 ↓ 理解 ↓ 発明

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ヒトの意識には、正のバルク・エントロピー指向性がある

先週、阪急電鉄神戸線で、同社の8000系車両 8000Fに乗りました。 加減速の際に、制御に用いられている GTO-VVVFインバータ 由来の磁励音(磁歪音)が響きわたります。 8000系の第1編成である8000Fの登場 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「ミネルヴァの梟」との出会い

「ミネルヴァの梟は、黄昏の到来とともにのみ、その翼を拡げる」あるいは「ミネルヴァの梟は、夕暮れに飛び立つ」。(ゲオルク・ヘーゲル, Georg Wilhelm Friedrich Hegel、1770-1831) 私が、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

アプローチとしての汎用品の商品開発

汎用品の商品開発には2つの果実がある。 上記の文について私の思いを正確に伝えるために表現を改めると、以下の2つの果実を得る手段(アプローチ)として、汎用品の商品開発があるのである。 ひとつは、高度な者に(安価な)手段を与 … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | 1件のコメント