月別アーカイブ: 3月 2014

「ロウソクの科学」と、政府及び大衆

ファラデー「ロウソクの科学」は、 学者に地位を与えるのは政府であり、尊敬をはらうのは大衆である    ディドロ, ダランベール=編, 桑原 武夫=訳編 : 百科全書―序論および代表項目 (1971, 岩波文庫) p.13 … 続きを読む

カテゴリー: 科学論 | コメントする

知の「化学反応」と淘汰

法則とは、文脈から切り離しても正でありつづける文なのだな、ふと思う。 そして、それは、文脈ごとに、知の「化学反応」を引き起こす。法則は、知の「化学反応」を引き起こす性質が強い。 しかし、知の「化学反応」に、法則は必須では … 続きを読む

カテゴリー: 科学論 | コメントする

統一の世の中

以下の三つの考えを土台に据えることは、有益である: ● 佐藤 篁之 : 「満鉄」という鉄道会社―証言と社内報から検証する40年の現場史 (交通新聞者新書, 2011) p.201. [仙石 貢 南満州鉄道 第11代総裁は … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

史観

ものづくり – Wikipedia [2014年2月7日 (金) 00:00‎ の版] ものづくりとは日本の製造業と、その精神性や歴史を表す言葉である。1990年代後半から企業やマスメディアの間でさかんに使わ … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | コメントする