月別アーカイブ: 2月 2014

納期短縮というソリューションの領域

客先の判断のスピードが速くなるにつれ、短い納期が要求されるようになる。 このとき、納期短縮の一連の解決法(ソリューション)は、客先納入までの一過性のものであるにも関わらず、大きな意味を持つ。そして、このソリューションは、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

部品数が多いことの長所

原価低減や信頼性工学の観点からいえば、部品数は少なければ少ない方が良い。 しかし、それとは反対に、部品数が多いことの長所が書かれた文章があったので紹介する: 日本エネルギー産業の大本命? オールジャパンの力を結集した「浮 … 続きを読む

カテゴリー: 技術 | コメントする

国産製鉄・鉄道レール・戦艦・機関車

国産製鉄: 釜石鉱山田中製鉄所 高炉製鉄、1886年開始。 国産鉄道レール: 官営八幡製鐵所において、1901年から開始。 西尾 一政, 山口 富子, 桝本 弘毅, 岡崎 睦: 国産レールの製造設備及び技術の革新過程. … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 産業遺産・技術史 | コメントする

残ガス容器も温度40度以下

平成25年度高圧ガス製造保安責任者甲種機械 法令試験の復習: 16.イ [一般則] 圧縮アセチレンの充てん容器については、その温度を常に40度以下に保つべき定めがあるが、その残ガス容器についてはその定めはない。× 充てん … 続きを読む

カテゴリー: 高圧ガス | コメントする

可燃性・毒性以外のガス製造設備の計装回路にインターロックは不要

平成25年度高圧ガス製造保安責任者甲種機械 法令試験の復習: 13.ロ [コンビナート則] 可燃性ガス又は毒性ガス以外の製造設備を新たに設けた場合には、その製造設備に係る計装回路には、製造をする高圧ガスの種類、温度及び圧 … 続きを読む

カテゴリー: 高圧ガス | コメントする

保安係員は、1年以上の経験が必要

平成25年度高圧ガス製造保安責任者甲種機械 法令試験の復習: 11.ロ [コンビナート則] 保安係員には、所定の製造保安責任者免状の交付を受け、かつ、高圧ガスの製造に関する6か月の経験を有する者を選任することができる。× … 続きを読む

カテゴリー: 高圧ガス | コメントする

定期自主検査の対象は、ガス設備

平成25年度高圧ガス製造保安責任者甲種機械 法令試験の復習: 8.ハ [コンビナート則] 定期に保安のための自主検査を行わなければならない製造のための設備として、高圧ガス設備を除くガス設備は対象として定められていない。× … 続きを読む

カテゴリー: 高圧ガス | コメントする

PDCAの「C」に集中する

「イージスの父」Meyer提督の物造り哲学 第3項の本質は、“PDCAの「C」に集中する”ことにあるのだと、下記する本2冊を読んで、気づいた: 大熊 康之 : 軍事システムエンジニアリング―イージスからネットワーク中心の … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

液石ガスの取扱主任者は経験だけでも可

平成25年度高圧ガス製造保安責任者甲種機械 法令試験の復習: 7.ハ 液化石油ガスの製造に関し 1年以上の経験を有する者であれば、所定の製造保安責任者免除の交付を受けていない者を取扱主任者に選任することができる。○ 液化 … 続きを読む

カテゴリー: 高圧ガス | コメントする

液石ガス貯槽から5m以内は火気禁止

平成25年度高圧ガス製造保安責任者甲種機械 法令試験の復習: 7.ロ 液化石油ガスの特定高圧ガス消費者の貯槽(15万トン 1基)の周囲5メートル以内においては、所定の措置を講じた場合を除き、引火性又は発火性の物を置いては … 続きを読む

カテゴリー: 高圧ガス | コメントする