月別アーカイブ: 11月 2013

4つの設計

肉の設計は、反力受けのためにされる。  (反力を発生させて、位置を保持する) 通路の設計は、流体の移動のためにされる。  (流体そのものの移動、圧力の急速な均一化、排熱など) 隙間の設計は、相対運動や、流体圧力の利用のた … 続きを読む

カテゴリー: 技術 | コメントする

マイヤーの関係式

マイヤーの関係式 : 理想気体の定圧モル熱容量と定容モル熱容量の関係式 Cm, p=Cm, V+R

カテゴリー: 高圧ガス | コメントする

状態量、示量性と示強性

状態量 : 経路に依らない。 示量性と示強性は、状態量の分類の一つである。これによって、状態量は、示量変数(extensive variable)と示強変数(intensive variable)の2種類に分けられる。 … 続きを読む

カテゴリー: 高圧ガス | コメントする

全体を示すこと

「全体を示すこと」の重要性は、新幹線のデッキに貼られている時刻表を見ればわかる。 A2サイズ? の紙 1枚に、東海道山陽(・九州 ?)新幹線の全駅・全列車の時刻が書かれている様(さま)は、何駅・何本あるか分からない新幹線 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

技術が無臭になっていく

技術が無臭になっていく。 最近の阪急電鉄 神戸線・宝塚線では、節電のためか、最新の9000系車両が活躍をしている。 そのなかで、神戸線において、8000系車両に乗った。駅を出発する時に、制御に用いられている GTO-VV … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | 1件のコメント