月別アーカイブ: 7月 2013

デザイン、インターフェイスを可能にするグラフィックプロセッサ

『モノに備わった、ヒトが知覚できる「行為の可能性」』(『知覚されたアフォーダンス, Perceived Affordance』) * をそなえており、 『意味ある秩序状態をつくり出すために意識的に努力すること』 としての … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

導入に積極的なタイミングで

新しいものの導入に積極的なタイミングで、新しいものを、付随サービスとともに、供給できるか。 何らかの問題が発生しても、すぐに対処して、導入積極性が維持された状態を保たなければならない。その業務量に耐えられる供給組織を持っ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

応力拡大係数

応力拡大係数は、破壊力学において、き裂先端部の応力状態を表わす量である。 応力拡大係数の値が、ある閾値(:破壊靭性)を超える場合に脆性破壊が始まり、また、別の閾値(下限界応力拡大係数)を超えている間、脆性破壊によるき裂が … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

ウェイン・E・マイヤー提督

ウェイン・E・マイヤー提督 (Wayne E. Meyer)って、2009年にお亡くなりになっていたんだ。同氏は、イージス戦闘システム・イージス艦のプログラム・マネージャーとしての功績が極めて大であり、「イージスの父」と … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント

圧倒的優位性を実現する装備。そして、Do × Cancel=不可能を可能にする

圧倒的優位性を実現する装備として、シミュレータがある。 なぜならば、圧倒的優位のひとつの形態として、「不可能を可能にする」ことが挙げられる。 「不可能を可能にする」ひとつの方法として、針穴のように範囲の狭い正解を実現する … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする