月別アーカイブ: 8月 2011

古典物理学を社会的に解釈する

古典物理学を社会的に解釈しました。  古典物理学を社会的に解釈する ● 「ニュートンの3法則」の社会的解釈  ・何もしなければ、そのままだ。  ・(理想的には) やったら、やっただけのことはある。  ・やったら、やり返さ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

工業における数値流体力学のアウトプット

数値流体力学では、ミクロ(瞬間・局所)の状態をアウトプットできる。 しかし、一般に求められることは、マクロの改善に供することである。 工業的には、ものの破壊につながるような現象が局所的に生じない限り *、ミクロだけを知る … 続きを読む

カテゴリー: 技術, 気象・気候 | コメントする

ミクロがマクロ現象を代表しているかどうか

マクロ現象を知るためにミクロ(瞬間・局所)を測定する場合、そのミクロがマクロ現象を代表しているかどうかが問題になる。 部品間に隙間をもった機械の場合、d2y/dt2 の符号反転時には、接触していた隙間が離れ、部品(局所) … 続きを読む

カテゴリー: 技術 | コメントする

危機に普段から備える

危機と科学をテーマにしたアメリカ映画では、「備えを、それが無駄なことだと思える状態において、予めやっておく」のだ。 佐々 淳行 : 平時の指揮官 有事の指揮官―あなたは部下に見られている (文春文庫, 1999) p.3 … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | 1件のコメント

危機に真っ先に気づく

天守閣上司 – kokokubeta; 私の恩師(というか元上司)は、入り口の一番近くに座っている。狙いはわからないけど、これは偉いと思う。偉い人は、多くの情報を知らなければいけない立場で、それを集めなければ … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

障害を完全に把握せよ

障害を、隅から隅まで完全に把握せよ。 そうすれば、それを躱すのは容易である。 障害の存在は消せないが、障害を白日の下に晒せば、それは我々の意思をくじかない。

カテゴリー: 技術論 | コメントする

他部署が大手をふって、協力してくれる仕組みを作れ

いくら長期的にプラスでも、短期的にマイナスが発生する仕事を、営業部署は努力してまで取ってくれな いだろう。あるいは、そのような仕事には制限をかけるだろう。 短期的に最低でもプラスマイナスゼロにできるような仕組みを作るのが … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする