月別アーカイブ: 5月 2011

梅雨前線の北、およそ200km圏が雨の範囲

石原 良純 : 石原良純のこんなに楽しい気象予報士 (小学館文庫, 2001) p.202. [梅雨]前線の北、およそ二〇〇キロ圏が雨の範囲といわれている。 ここで 200km とは、どのような距離かというと、 ・緯度 … 続きを読む

カテゴリー: 気象・気候 | コメントする

気象学と鎌倉仏教

気象学(気候学を除く)の特徴は、その成果が固定されず、大衆の個々逐次の行動によって生まれることである。 気象学の知見を信じる大衆の個人個人が逐次、自ら行動する、あるいは自ら行動を抑制することによって、不利益をもたらす気象 … 続きを読む

カテゴリー: 気象・気候 | コメントする

人工が人類の存在意義である

人工が人類の存在意義である。 自然を愛するとは、他者の人工にただ乗りせずに、自ら人工の生産をするということだろう。 成功をもたらす範囲に実際の条件を入れ込む。このとき、神のサイコロは、5 と 6 の目だけになる。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

安定なシステムが、特定状況において不安定になる

平常時は安定な制御機能をもつが、ある特定状況では不安定になるシステムがある。 たとえば、 ・平常時、他国より好況だと円高、他国より不況だと円安 ・災害時、(不況状態にあるのに) 円高 Twitter / @TAKAGI- … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「何がしたいのか」をどうしたら分かるか

「何がしたいのか」をどうしたら分かるか。 これは大きな課題だ。

カテゴリー: 何をすべきか | 1件のコメント

他者が失敗した同じ設計で厳しい条件に挑むのは愚策

他者が失敗した同じ設計で厳しい条件に挑むのは愚策である。 厳しい条件を回避して、必須実現事項を実現させる(「全体」を実現させる)ことは、工夫である。

カテゴリー: 技術 | 1件のコメント

実績・経験の使い方

構成要件(個々の条件)の違いを念頭に置いて、実績・経験を判断に使う。 これは分析の思考である。

カテゴリー: 仕事 | コメントする

宇宙の切り口

問題に対してアプローチする問題の側面(宇宙の切り口)について、案を列挙すること。

カテゴリー: 何をすべきか | 1件のコメント

過去の内にはなく、現在の外にある

すべきこと(戦術ではなく戦略)の参考情報は、過去の内にはなく、現在の外にある。

カテゴリー: 何をすべきか | コメントする

与えられた新しいシステムの短所を補う方法

与えられた新しいシステムの短所を補う方法を特許にする。

カテゴリー: 特許 | コメントする