技術」カテゴリーアーカイブ

諸元とは

「諸元」という言葉がよく分かっていなかったのだが、 『初弾命中。同一諸元。効力射!』 という用法で理解した。 諸元とは、ある一定(以上)の結果(=パフォーマンス)をもたらす「諸」々の「元」なのだ。 『初弾命中。同一諸元。 … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | コメントする

物は、いかにして社会を変えるか

○ 物が、人に新たな視点・(物によって実現された)有利な行動様式をもたらす 新たな投資先、活動、所作ふるまい モノの抜群の機能により、現実が影響を受けて変化する 世に出された技術は、人に新たな視点を、人を導く者にカードを … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | コメントする

「技術論」の旧投稿先のご案内

「技術論」に関する投稿は、2010年 5月 1日以前において、こちらのブログに投稿していました。 Blog 一番星 ├技術思想

カテゴリー: 技術論 | コメントする

技術とは、再現の方法である

技術とは、再現の方法である。 失敗の再現の方法も、技術である。 品質工学の考え方は、ばらつきを減らしてから平均を変化させる、すなわち (1) 品質をまず管理して、= 再現できるようにして、 (2) それから向上させる = … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | 1件のコメント

アプローチとしての汎用品の商品開発

汎用品の商品開発には2つの果実がある。 上記の文について私の思いを正確に伝えるために表現を改めると、以下の2つの果実を得る手段(アプローチ)として、汎用品の商品開発があるのである。 ひとつは、高度な者に(安価な)手段を与 … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | 1件のコメント

メディア=技術=身体の拡張=感覚の拡張

メディア=技術=身体の拡張=感覚の拡張。この関係は、私に、横軸を与える。 マーシャル・マクルーハン: Understanding Media: the Extensions of Man (1964):  われわれの文化 … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | 1件のコメント

史観

ものづくり – Wikipedia [2014年2月7日 (金) 00:00‎ の版] ものづくりとは日本の製造業と、その精神性や歴史を表す言葉である。1990年代後半から企業やマスメディアの間でさかんに使わ … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | コメントする

部品数が多いことの長所

原価低減や信頼性工学の観点からいえば、部品数は少なければ少ない方が良い。 しかし、それとは反対に、部品数が多いことの長所が書かれた文章があったので紹介する: 日本エネルギー産業の大本命? オールジャパンの力を結集した「浮 … 続きを読む

カテゴリー: 技術 | コメントする

設計とは、媒体と反媒体の配置を決める行為である

設計とは、媒体と反媒体の配置を決める行為である。  ・肉の設計: 肉、即ち、荷重を受け持つ構造は、応力、より正しくは、運動量の媒体である。  ・通路の設計・隙間の設計: 通路・隙間を埋める流体は、媒体である。通路・隙間の … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | 1件のコメント

4つの設計

肉の設計は、反力受けのためにされる。  (反力を発生させて、位置を保持する) 通路の設計は、流体の移動のためにされる。  (流体そのものの移動、圧力の急速な均一化、排熱など) 隙間の設計は、相対運動や、流体圧力の利用のた … 続きを読む

カテゴリー: 技術 | コメントする