投稿者「takagi1」のアーカイブ

フラーレンによる52Kでの超伝導

論文捏造事件。 ヘンドリック・シェーン – Wikipedia

カテゴリー: 未分類 | コメントする

異文化がサービスを生み、価値を発掘する

サービスの極意は、サービス提供者の社会に受け入れること、例えば、話が通じることだと思う。 *b — TAKAGI-1 高木 一 (@takagi1) 2018年2月2日 異文化がサービスを生み、価値を発掘する … 続きを読む

カテゴリー: 仕事 | コメントする

ハインリッヒの法則と千三つ、神の平等

ハインリッヒの法則では、重傷災害 1件の裏には、29件の軽傷災害、300件の無傷害事故があるという。即ち、重傷災害は、重傷・軽傷・無傷害事故全体の 1/330 ≒ 3/1000 である。 「千三つ」では、 新しいこと 1 … 続きを読む

カテゴリー: 失敗学 | 1件のコメント

安全綱領をいかにお題目にせず、実際的なものにしていくか、が大事

2017年12月11日に新幹線車両の台車に亀裂などが発見された重大インシデントからの思索: JR西日本の安全憲章に表現を若干変えて受け継がれている国鉄の安全綱領 1.安全は輸送業務の最大の使命である。 … 5 … 続きを読む

カテゴリー: 失敗学 | コメントする

問題を解決したら もっといい全体解が実現される

問題を解決したら もっといい全体解が実現される例: 松平精の新幹線台車開発の回顧 当時の車両の振動は、現在の車両にくらべると数倍の大きさであって、特に電車の振動はすこぶる大きく、その乗り心地は極めて悪いものであった。従っ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

壊れた原因を知りたければ壊れていない部分を見よ、例: 山陽本線 光-下松間 列車脱線転覆事故(1947年)

壊れた原因を知りたければ、壊れていない部分を見よ。壊れた部分は原因が結果で塗りつぶされている。 #* — TAKAGI-1 高木 一 (@takagi1) 2012年8月1日 の例が見つかった: 松平精の零戦 … 続きを読む

カテゴリー: 失敗学 | 1件のコメント

狩勝実験線

狩勝実験線は、かつて国鉄(日本国有鉄道)が北海道に保有していた実験線です。 1963年の鶴見事故を受けて整備され、脱線実験などが行われました。1972年の北陸トンネル火災事故を受けて走行車両の燃焼実験が行われました。 高 … 続きを読む

カテゴリー: 失敗学 | コメントする

設計と意匠

設計と意匠を、英語にすると、ともにデザイン(design)である。 この繋がりは、設計と意匠の意味をお互いに補完し、豊かに、実・身のあるものにする。 設計は、計を設けること。予測行為である。予測と計測・確認である。定量的 … 続きを読む

カテゴリー: 技術論 | コメントする

国鉄の安全綱領

安全確保に向けた基本方針|JR東海 昭和26年の京浜東北線桜木町駅における事故を契機として国鉄時代に制定されたもの 安全綱領 1.安全は輸送業務の最大の使命である。 2.安全の確保は、規程の遵守及び執務の厳正から始まり、 … 続きを読む

カテゴリー: 失敗学 | コメントする

SpaceX のロケット着陸失敗まとめムービー

「宇宙兄弟」の   「モノ作りには、失敗することにかける金と労力が必要なんだよ。」 という言葉を思い出した: 失敗してもへこたれず成功するまで諦めない大切さがわかるSpaceXのロケット着陸失敗まとめムービー &#821 … 続きを読む

カテゴリー: 失敗学 | コメントする