二乗和の平方根。次元の統合

√(A^2+B^2+C^2) :各次元の量を2乗して足してルートする(平方根をとる)

という考え方は、√(A^2+B^2+C^2) の単位が何なのかを考えると面白い。

3次元(縦・横・高さ)ならば、縦A [単位 m]・横B [m]・高さC [m]であるから、√(A^2+B^2+C^2) の単位は [m] だ。

では、4次元(縦・横・高さ・時間)ならばどうなるのか。

縦A [単位 m]・横B [m]・高さC [m]・時間D [秒]である。このとき、√(A^2+B^2+C^2+D^2) の単位は、何になるのだろうか。これは、長さと時間の次元の統合である。

4次元の知性は、〈長さ [m]〉と〈時間 [秒]〉を、〈統合した単位 [何か]〉で認識しているのではないだろうか。

このとき、長さと時間をつなぐ係数は何か。真空中の光速 c=30万 [km/s] なのだろうか。

補足:
何かと何かをつなぐ概念は、重要である。( ピラミッド型構造とネットワーク型構造 3. 知そのものにおけるピラミッド型構造とネットワーク型構造 の脚注*5 )

初出:
Facebook 2015/ 8/ 8

関連:
ボルツマン

水素チャンネルニュース 第36回 2019年8月3日号

水素チャンネルニュース
第36回 2019年8月3日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。キャスターの新浜メチスです。

先週は、マスターが多忙のため、お休みをいただきました。今回は、2週間ぶん、およそ2019年7月20日から8月3日までのニュース、記事15本です。では、スタートです。

次の3本の記事は、同じニュースです。
【1】7月24日の建設通信新聞。「清水建設、産総研/水素エネ供給 実証開始/2020年度の実用化目指す」引用、清水建設と産業技術総合研究所は、…23日から運用を開始した。( https://www.kensetsunews.com/archives/347081 )

【2】7月24日の福島民友新聞社 みんゆうNet。「郡山の市場に水素利用拠点 産総研と清水建設、経済性など実証開始」引用、市場内に設置した太陽光パネルで電気を作り、それを水素にして貯蔵し、必要な場合再び電気に戻し、市場管理棟の照明や空調に使う( http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190724-399386.php )

【3】7月25日のEco Front ニュース。「水素を利用した建物全体のエネルギー管理を実証」引用、新システム「Hydro Q-BiC」は建物付帯型で、福島県郡山市総合卸売市場の管理棟に設置されている。( http://www.eco-front.com/news_e5tglqy6dK.html )

次の2本の記事は、同じニュースです。
【4】8月1日の時事ドットコム。「水素自動車の動力で航行=船舶を開発、公開クルージング-大阪市立大」引用、船舶に水素タンクを設置する方法に比べ、製造コストが10分の1程度で済むという。( https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080101046&g=soc )

【5】8月3日のニュースイッチ by 日刊工業新聞社。「燃料電池“車”で動く“船” 大阪市大などが実証」( https://newswitch.jp/p/18682 )

次のニュースです。

【6】8月1日のMotorFanTECH。「ジェイテクト:業界初「水素環境用軸受評価試験機」の開発」( https://motor-fan.jp/tech/10010869 )

【7】8月1日のEco Front ニュース。「環境省 水素活用エネルギーシステム構築事業二次公募開始」( http://www.eco-front.com/news_e7rmJF5OkY.html )

【8】7月29日のオルタナ。「「水素サプライチェーン」 神戸、川崎で実証へ」( http://www.alterna.co.jp/27730 )

++++++

ニュースの途中ですが

8月3日は、「共創する未来」の日。ということで、著作権と文化の未来を疎遠にしません。

++++++

ニュースを続けます。

【9】7月23日のResponse.jp。「【夏休み】FCバスに乗る水素エネルギーツアー、九都県市の小中学生親子対象」引用、九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市)は、「親子で学ぶ!燃料電池バスに乗る水素エネルギーツアー」を8月24日に開催する。( https://response.jp/article/2019/07/23/324731.html )

【10】7月21日のEco Front ニュース。「神奈川県 究極のエコカーFCVの試乗会開催決定」引用、神奈川県は…令和元年8月1日(木)に「ビール工場×再エネ水素ドライブ」と題しFCVの試乗会を開催することを発表した。( http://www.eco-front.com/news_e4GZoOHNk2.html )

【11】7月24日の時事ドットコム。「川崎重工業「水素サプライチェーン構築」の進捗及び水素ガスタービン発電プロジェクトの進展【JPIセミナー8月20日(火) 開催】」( https://www.jiji.com/jc/article?k=000000201.000042328&g=prt )

【12】7月24日の環境ビジネス。「水素を活用したシステムに環境省が補助金(補助率2/3、上限1.4億円)」( https://www.kankyo-business.jp/news/022843.php )

【13】7月24日の日刊工業新聞。「水素利活用イノベ創出 福島3市、研究会・協議会立ち上げ」福島県のいわき市、郡山市、福島市( https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00525036 )

【14】7月24日の幻冬舎ゴールドオンライン。「欧州エネルギー政策の現況…水素・燃料電池技術への取り組み」( https://gentosha-go.com/articles/-/21743 )

【15】7月31日のジェトロ 日本貿易振興機構。「シーメンスとフラウンホーファーが水素分野で協業 (ドイツ)」( https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/07/4f3f70fd72739b16.html )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、http://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、8月10日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

「かっこいい天気予報」の気象用語

気象用語をかっこよく叫んでみよう。ご出演は、ウェザーロイドAiri さんと ときのそら さん:


3:12~

・ケルビン・ヘルムホルツ

ケルビン・ヘルムホルツ不安定性 – Wikipedia

・バックビルディング

バックビルディング現象とは?そのメカニズムと原因について | 防災テック

・ドッペルゲンガー

ドッペルゲンガー – Wikipedia

気象の世界では、「ブロッケン現象」として知られる:

ブロッケン現象 – Wikipedia

・シーラスストリーク
・トランスバースライン

巻雲 – Wikipedia [2018年7月5日 (木) 16:44 の版]

ジェット巻雲の代表的な例としてシーラスストリークとトランスバースラインがある。シーラスストリークはジェット気流の強風域の低緯度側に気流と平行な方向に並ぶ細長い筋状の巻雲である。トランスバースラインはジェット気流の強風域にそれと垂直な方向に並んで発生する波状の巻雲列である。トランスバースラインの発生する部分には乱気流が発生していることがしばしばある。シーラスストリークは直線的、トランスバースラインは縁が波打ったようになっていることから、雲画像だけでも判別可能である。

・テーパリングクラウド

テーパリングクラウド – Wikipedia

・ドライスロット

無駄に叫びたくなる!?必殺技みたいな気象用語特集 – ウェザーニュース

乾燥した寒気が発達した低気圧に向かって流れ込む現象のことです。

・煙霧

煙霧 – Wikipedia

・ガストフロント

電柱をもへし折る威力、ガスト・フロント(突風前線)真っ只中の季節です。 : カラパイア

・ダウンバースト

ダウンバースト – Wikipedia

・JPCZ

日本海寒帯気団収束帯 – Wikipedia

・スピニングバードキック

これは気象用語ではない:
スピニングバードキックとは – はてなキーワード

・モーニンググローリー

モーニング・グローリー (気象現象) – Wikipedia

・カルマン渦

カルマン渦 – Wikipedia

クチクラ(キューティクル)

クチクラ – Wikipedia [2018年4月19日 (木) 09:08 の版]

クチクラ(ラテン語:Cuticula)は、表皮を構成する細胞がその外側に分泌することで生じる、丈夫な膜である。さまざまな生物において、体表を保護する役割を果たしている。人間を含む哺乳類の毛の表面にも存在する。英語でキューティクル、日本語で角皮ともいう。

・節足動物の外骨格(クチクラ)を形成する物質: キチン

・哺乳類の毛の表面(クチクラ)を形成する物質: ケラチン

・植物の表皮の外側を覆う膜(クチクラ)を形成する物質: 「クチン[cutin](不飽和脂肪酸の重合体)とワックス(蝋:ろう)[wax](非水溶性の脂肪酸エステル)」(1-4. 表皮)

水素チャンネルニュース 第35回 2019年7月20日号

水素チャンネルニュース
第35回 2019年7月20日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。キャスターの新浜メチスです。

今回は、およそ2019年7月13日から7月20日までのニュース、記事8本です。では、スタートです。

【1】7月19日のロイター。「川崎重工業、豪で水素液化施設を建設 2020年後半に試験輸出へ」( https://jp.reuters.com/article/australia-kawasaki-heavy-hydrogen-idJPKCN1UE0XA )

【2】7月19日のテレビ静岡。「停電した避難所でも電気 最大5日 燃料電池バス「SORA」で電源供給実験」( http://www.sut-tv.com/news/indiv/1754/ )

【3】7月18日の日本経済新聞。「福島県いわき市 バッテリーバレー狙う 水素や発電関連に期待 」( https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47495080Y9A710C1L01000/ )

【4】7月16日のWIRED。「“空飛ぶクルマ”のエネルギーには水素が最適? 燃料電池を積んだ電動航空機に米企業が賭ける理由」( https://wired.jp/2019/07/16/alakai-flying-car-air-taxi-evtol-hydrogen/ )

++++++

ニュースの途中ですが
7月20日は、ハンバーガーの日。ということで、神戸牛がいいですとは、まさに知識万能の時代ですね。

++++++

ニュースを続けます。

【5】7月19日の日本海新聞。「水素エネの活用技術を体験  鳥取西高で出前授業」( https://www.nnn.co.jp/news/190719/20190719001.html )

【6】7月17日の幻冬舎ゴールドオンライン。「激しさ増す「水素・燃料電池技術」研究開発競争の現況」( https://gentosha-go.com/articles/-/21738 )

【7】6月30日の中日新聞。「茶の出がらしで水素製造 静岡北高生 ◆日本ストックホルム青少年水大賞で最優秀に」( https://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20190630/CK2019063002000045.html )

【8】7月19日の時事ドットコム。「Graforce:排せつ物は未来のエネルギー源」( https://www.jiji.com/jc/article?k=20190718005270&g=bw )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、http://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、7月27日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

SUISOちゃん

水素チャンネルニュース 第34回 2019年7月13日号

水素チャンネルニュース
第34回 2019年7月13日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。キャスターの新浜メチスです。

今回は、およそ2019年7月6日から7月13日までのニュース、記事4本です。では、スタートです。

【1】7月10日の新潟日報モア。「水素の地産地消へ 方策探る 県構想策定委が初会合」新潟県( https://www.niigata-nippo.co.jp/news/politics/20190710481769.html )

【2】7月8日の神戸新聞。「成長期待産業に航空機や水素 近畿経産局長が就任会見」( https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201907/0012498146.shtml )

【3】7月12日のジェトロ 日本貿易振興機構。「水素社会に向けた動きが続く中国」( https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/07/abd66491f00175e7.html )

【4】7月12日の環境ビジネス。「環境相、SUGIZO氏に感謝状 水素・燃料電池コンサート開催を評価」( https://www.kankyo-business.jp/news/022777.php )

ニュースは、以上です。

7月13日は、水上バイクの日。ということで、紫電とE13A愛知零式水上偵察機をやっていました。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、http://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、7月20日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

水素チャンネルニュース 第33回 2019年7月12日号

水素チャンネルニュース
第33回 2019年7月12日号

この番組は、水素エネルギーに関するニュースをお伝えするラジオ番組です。

お聞きいただきまして、ありがとうございます。キャスターの新浜メチスです。

今回は、およそ2019年6月29日から7月6日までのニュース、記事13本です。では、スタートです。

【1】7月4日のニュースイッチ by 日刊工業新聞社。「トヨタが燃料電池車を増産へ、次期「MIRAI」は10倍の月3000台に」( https://newswitch.jp/p/18274 )

【2】7月2日のITmedia エグゼクティブ。「工場内に水素ステーション トヨタ 燃料電池フォークリフト導入拡大」引用、太陽光発電の電力を活用し、水素を製造・貯蔵・供給できる小型の水電解式水素発生充填装置「SimpleFuel」を元町工場に導入した。( https://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1907/02/news069.html )

【3】7月1日の環境ビジネス。「東京都、燃料電池バス導入に最大5000万円の補助金 国などの補助も併用可」( https://www.kankyo-business.jp/news/015017.php )

【4】7月4日のビバ! ドローン。「【世界初】水素燃料電池で飛ぶエコなエアモビリティ『Skai』発表!!」( https://viva-drone.com/hydrogen-airmobility-skai/ )

【5】7月5日の日刊産業新聞。「Daigasグループ・大阪ガスリキッド 水素製造への取り組み 熱処理分野など実績多数 小容量タイプ販売開始」( https://www.japanmetal.com/news-to2019070589374.html )

【6】7月5日の時事ドットコム。「特殊陶と三菱日立パワーが共同出資会社=燃料電池セルスタックを製造・販売」( https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070500776&g=eco )

【7】6月10日の京都府。「第1回「京都府水素社会みらいプロジェクト検討会議」の開催について 」6月12日に開催( http://www.pref.kyoto.jp/energy/documents/kyoto_suisso-project_press.pdf )

++++++

ニュースの途中ですが
7月12日は、人間ドックの日。ということで、新たな謎と出た人間によって共有されます。

++++++

ニュースを続けます。

【8】7月6日のニュースイッチ by 日刊工業新聞社。「究極のエコカーだが…ホンダが「FCV」次期モデルの投入を延期する事情 20年時点での本格普及は難しい」( https://newswitch.jp/p/18312 )

【9】7月3日の電気新聞。「フランスの産業クラスター、水素技術で日本に連携促す/“世界規模で普及を”」( https://www.denkishimbun.com/archives/42021 )

【10】6月7日のAUTOCAR JAPAN。「水素満タンは3分以下 メルセデス・ベンツGLC Fセル プラグイン燃料電池に試乗 メルセデス・ベンツGLC Fセル」( https://www.autocar.jp/firstdrives/2019/06/24/381249/ )

【11】6月25日のSankeiBiz。「中国EVの父「今度は水素」 燃料電池車推奨、政府の資源注入を示唆」( https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190625/mcb1906250705001-n1.htm )

【12】6月24日の河北新報。「水素ステーション/普及へ規制緩和を進めたい」( https://www.kahoku.co.jp/editorial/20190624_01.html )

【13】7月5日のclicccar.com。「【自動車用語辞典:燃料電池車「燃料電池の構造と原理」】水素と酸素を化学反応させて電気を起こす仕組み」( https://clicccar.com/2019/07/05/872420/ )

ニュースは、以上です。

今回お届けしました記事へのリンクは、動画の説明欄をご覧ください。

最新ニュースへのアクセスと2000年からの過去ニュースの検索は、Webサイト 水素チャンネルへ。
アドレスは、http://takagi1.net/h2
たかぎいちドットネットスラッシュエイチツー です。

次回は、7月13日 土曜日の予定です。また、お会いしましょう。
お相手は、新浜メチスでした。
バイバイ。

食糧の輸送や保存技術は、神の所業

技術や技能は、かつては神の所業とされたものなのだ。