ハインリッヒの法則と千三つ、神の平等

ハインリッヒの法則と千三つ、神の平等ハインリッヒの法則では、重傷災害 1件の裏には、29件の軽傷災害、300件の無傷害事故があるという。即ち、重傷災害は、重傷・軽傷・無傷害事故全体の 1/330 ≒ 3/1000 である。

「千三つ」では、 新しいこと 1000個のうち成功するのは 3個であるという。確率は、3/1000 である。

千三つ(センミツ)とは – コトバンク

2 《千に三つくらいしか話がまとまらない意》土地・家屋の売買や貸金などを斡旋(あっせん)する職業。また、その人。「千三つ屋」
3 《千品目出しても当たるのは三品目くらいの意》食品業界で、新商品の開発の難しさをいう言葉。

重大な失敗と、成功の確率が、同じ3/1000であるのは、神による平等だろうか。

重大な失敗は、大抵、いきなりは起こらない(神がチャンスをくれる)。それと共に、成功もなかなか起こらない。

カテゴリー: 失敗学 パーマリンク

ハインリッヒの法則と千三つ、神の平等 への1件のフィードバック

  1. takagi1 のコメント:

    関連:
    新規の設計を過剰評価するな
    http://star1ban.blog18.fc2.com/blog-entry-2324.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。