配置の観点でみた人類の本質的目標

配置の観点でみた人類の本質的目標人類の本質的目標を

・時間軸を含めた最適な配置
・上記の範囲の拡大

だと考える。

労働は、規制された精神状況における行動である。より最適な配置を多数の人によって実現するためには、精神状況の規制が必要である。

ホワイトカラー労働者の、この観点での成果は、

・最適な配置とは何か
・最適な配置を如何にして実現するか(方法と情報道具{誘導・説得・伝達手段})

である。

配置は、経緯に強く支配され、慣性が大きい。そのため、配置の改善には大きな労働が必要である。配置を擬似的に(少ない労働によって)実現する方法が、流通である。

関連:
人間が人間として客観的に実現されるのは、…労働によってだけである

「王の知性」が「民の知性」を制御できないように、 「好奇心 、多分ね」

産・官・学の周りで動き回って、

 ・情報から知識を創れ (情報から知識への「翻訳」・解釈・ストーリー付け)。

 ・知識を高度化せよ (知識・情報の化学反応・加減乗除)。

 ・知識・情報の流通を加速させよ。

社会及び「知的ネット社会」に関する私の考え方の大系 2016年10月現在

社会を知的にするための考え方

  ただし、上記リンク先中の、(D)「ONの市民」 (及び、その中の「知的ネット社会」)は、一つの固まりとしてだけ存在するのではなく、全ての隙間に入りこみ、全てをつなぐように存在する。

広義の哲学の行為は、宇宙の再生産行為

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。