内燃機関以外の熱の利用方法

内燃機関以外の熱の利用方法● 高温熱源(燃焼熱 *、内燃機関の排熱、原子力、等)でのみ可能な利用方法:

・外燃機関

  * 内燃機関とは異なり、あらゆる燃料を使うことができる。

● 高温熱源のみならず、低温熱源でも可能な利用方法:

・温水利用(冷暖房・給湯)
・バイナリー発電
・燃焼機関の燃料や媒体の予熱
・化学反応の活性化エネルギー源 (反応環境の温度の維持や、高いポテンシャルエネルギーをもつ化学物質の作成 ** に使用する)

  ** 例えば、水+熱→水素+酸素 (水の熱分解、熱化学水素製造)や メチルシクロヘキサン+熱→水素+トルエン (有機ケミカルハイドライド法)。

「内燃機関以外の熱の利用方法」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。